指輪選びの事前勉強。ダイヤモンドの品質を決める「4C」って何?

Expert opinion of diamond

こんにちは!スカイルーチェです。

皆さん、ダイヤモンドの「4C」って知っていますか??

聞いたことある人も多いと思いますが、よくダイヤモンドのことを「カラット」という表現で呼んだりしますね。

それが「4C」の内の一つ、「カラット(Carat)」です。

ダイヤモンドが宝石として認められるには、この「カラット」を含め、一定以上の品質をクリアしていなければなりません。

鑑定書には、その評価が記載されています。

ダイヤモンドの品質を決める「4C」。

これを理解すれば、指輪選びの予習はばっちり。

それでは、順番に確認していきましょう!

1.4Cとは

前述のとおり、ダイヤモンドの品質は「4C」という基準をもって判断されます。

「4C」とは、重さ(大きさ)を表す「カラット(Carat)」、透明度を示す「クラリティ(Clatiry)」、色味を表す「カラー(Color)」、そして仕上げの評価である「カット(Cut)」の4つの評価基準です。

全て英語で頭文字に「C」がつくので、まとめて「4C」と呼ばれるようになりました。

それでは、具体的に一つずつ説明していきますね。

2.カラット(Carat)

特に日本人が気にする基準がこの基準です。

現在、1カラット=0.2グラムとされています・・・

グラム・・・

なので、カラットとは

×:ダイヤモンドの「大きさ」

○:ダイヤモンドの「重さ」

を表す単位なのです!

なので、読者の皆さまはくれぐれも

「このダイヤ『大きい』!!○○カラットもあるんですね」

なんてことは言わないでくださいね。

3.クラリティ(Clarity)

ダイヤモンドの「透明度」を示すのがこの基準。

実際には、透明度というよりも、中に内包物がないか、あるならどの程度目立つか、外観に傷はないかといったことを重視します。

単純に「重さ」を測るだけの「カラット(Carat)」とは違い、かなり精密な鑑定が必要となります。

評価は、FL/IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3となっており、FL/IFに近づけば近づくほど希少性が高く、I3に近づけば近づくほど品質評価は低くなります。

指輪選びの際は、肉眼では内包物を確認できないFL/IF~VS2までの評価のものがおススメです。

4.カラー(Color)

ダイヤモンドは通常、透明であるように見えませんか??

実は・・・

内包された不純物によって、何かしらの色味がついているのです!

その内、多くのダイヤモンドは黄色になり、希少価値がグンと下がります。

色味である「カラー(Color)」の」等級は、Dから始まってZまでがあります。

Dはほぼ無色で、等級が下がるにしたがって黄色味を増していきます。

ダイヤモンドの色鑑定は昼間の明かりの元で行われますが、蛍光性が強いものも夜間に黄色っぽく見えてしまうために評価が下がります。

世界中のジュエリーブランドではIクラス以上を婚約指輪に使用しているようです!

指輪選びの際は、D~Iの等級カラーがおスス。

5.カット(Cut)

「カット」とは、ダイヤモンドの原石から宝石へ変化させる工程から仕上げまでを評価したものです。

言わば、ダイヤモンドの輝きやきらめきを決定づける「4C」の中でも最も大切な要素と言えます。

「4C」の評価の中で、唯一人の手が加えられる工程で、バランスよくカットされたダイヤモンドは、美しい輝きを放ち、そのものの価値を高めます。

評価は、3EX H&Q、H&Q、EX、VERY GOOD、GOOD、FAIR、POORとなっており、3EX H&Qに近づけば近づくほど美しい輝きを放ちます。

おススメは3EX H&Q~EXの間のもの!

指輪屋さんでは実際の輝き具合を見せてもらえるはずなので、違いを目で見て確かめてみてください。

6.まとめ

以上の「4C」を全て高い基準で満たすダイヤモンドが勝ちのある宝石として認められます。

どれか一つだけが良いから価値があるとはならないのが普通です。

その基準に基づいて評価された証拠として「鑑定書」が存在します。

鑑定書を発行する団体・機関は数多く存在しますが、そもそもの「4C」という評価基準を決めた機関は、アメリカの「GIA(米国宝石学会)」というところになります。よって、GIA発行の鑑定書は世界で通用するものと認識されています。

一方、日本で発行された鑑定書は関連会社などで判断基準が曖昧で、日本のみで通用する鑑定書と言うことができます。

※GIA(Gemological Institute of America):米国宝石研究所・・・1931年に設立されたGIAは、アメリカに本社を置き、世界で最も権威があり、「4C」の基準を考案したほう碩学の国際的教育機関・団体。

ただ「4C」にこだわるだけでなく、「鑑定書がどこの機関から発行されているか?」までこだわれると、指輪選びの上級者と言えるでしょう。

楽しく、思い出に残る指輪選びとなりますことを願っております!

この記事もオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です