プラチナ900とか950とか、一体あの言葉ってどういう意味??

picture-of-set-ring

こんにちは!スカイルーチェです。

婚約指輪や結婚指輪を検討し始めると決まって出てくる謎のワード

 

「プラチナ900」、「プラチナ950」

 

今回は、そんな皆さまの疑問に、ズバっとお答えいたします。

それでは、チェックしていきましょう!

1.結婚指輪におけるプラチナの種類

 

結婚指輪の素材には、日本ではプラチナを使うことが多いです。

日本で取り扱いの多いプラチナの種類は、大きく分けると3種類。

Pt900、Pt950、Pt1000

細かく分類すると、もっと種類はあるのですが、キリがないので、

今回はメジャーどころの以上3種類をご紹介いたしますね。

 

2.Pt1000とは

そもそも、Pt・・・の後に続く数字は何なのでしょう?

答えは、リングにおけるプラチナ含有量のことです。

なので、Pt1000とは、プラチナ含有量100%を意味します。

しかし、実際には100%のプラチナリングは存在せず、99.95%のプラチナ含有量が限界の強度となっています。

実際販売されているPt1000リングはほとんどが99.9%なので、Pt999と書くのが正確なのですが、ジュエリー業界の慣習上、いまだにPt1000と表記されている商品もあります。

このPt1000リング。

実際には、あまり結婚指輪には適していないと言われています。

その理由としては、主に②点挙げられます。

①Pt1000となると、強度が弱くなってしまうから

②Pt1000となると、リングの色が黒くなってしまうから

以上②点になります。

まず、プラチナは柔らかくて粘り気のある金属です。

本来、プラチナ素材そのものは非常に柔らかいので、他の金属を混ぜて強度を強くしたPt1000以外のリングが主流となっているのです。

次に、Pt1000リングは色が黒くなってしまいます。正確に言えば、黒味がかった白色なのですが、そのままだと「純潔」をあらわす「白」を表現できません。そこで、パラジウムなどの白い金属を混ぜてPt900やPt950リングを作成します。

 

3.Pt900、Pt950とは

以上のような理由から、Pt1000リングは実際にはあまり多くありません。

結婚指輪にはPt900か、Pt950のプラチナが使用されることがほとんどです。

それでは、Pt900とPt950のどちらを選んだら良いのでしょうか。

実際に比べてみましょう!

3-1.Pt950は海外ではアタリマエ

まず、ティファニー、カルティエなどの海外有名ブランドの指輪には、Pt950が採用されています。

理由は、海外の法律で「プラチナリング=Pt950以上のリング」という決まりがあるからです。

SnapCrab_NoName_2016-2-4_18-34-6_No-00

 

 

 

 

 

3-2.Pt900、Pt950リングの価格差

海外有名ブランドが採用しているからには、Pt950はさぞかし金額がお高いんでしょう・・・と予想される方も多いと思いますが、Pt900とPt950の金額差は、1グラムあたり100円ほどと言われています。

女性用の結婚指輪を一本作るには、プラチナは5グラム程使用されます。

なので、当然Pt900よりPt950の方が重たいリングとなります。

重いので、Pt950リングを作成する方が、Pt900リングよりは若干お金が高くなります。

その金額差は、大体5,000円~10,000円程になります。

3-3.Pt900は日本の基準

上記のように、Pt900リングはPt950リングより安く提供できることに加え、ある理由があって、日本の基準として採用されています。※日本におけるプラチナ=Pt850以上

その理由とは、日本の職人さんに言わせると・・・

 

リング加工が楽だから!

 

これに尽きるそうです。

価格も安くて、加工もしやすい!これって良いことですよね?

しかし、どんなものにもデメリットはあるものです。

そのデメリットとは、アレルギーが出るかもしれないということです。

Pt900リングは、そもそもプラチナ90%+パラジウム10%という素材構成のリングです。

パラジウムは軽くて丈夫で、プラチナの約4分の1の金額でリングを作成できるということで、近年、特に注目されているリングの素材ですが、注意点があります。

それは、約50%の人にアレルギー反応が出るかもしれないということです。(パラジウム含有量 100%の場合)。

ドイツでは、妊婦や子供に高濃度のパラジウム使用を禁止する法律まであるくらいです。

3-4.改めて、海外は何故Pt950リングが基準なのか?

 

Pt950リングは、プラチナ95%+パラジウム3%+ルテニウム2%という素材構成のリングです。

海外では何故Pt950が基準か?という問いに対しては、

ルテニウムを混合することにより、通常の約1.5倍もの硬さを実現し、アレルギーが発生する確率を減少させ、錆などの経年変化に強いプラチナとなるから。

要は、Pt900リングより硬くて錆びにくくなるから!

これが理由として考えられます。

 

4.最後に

Pt900リング、Pt950リングは、それぞれメリットが異なります。

お客様の思い描く理想の指輪には、どちらが最適なのかをおふたりで吟味してみてください。

ちなみに・・・ルーチェは、世界基準に則っているので、Pt950リングのみを採用しております。

世界基準のプラチナの輝きを、おふたりに捧ぐ。

ご来店、お待ちしております。

 

 

この記事もオススメ